1. トップページ
  2. お知らせ

~お知らせ~

   皆様におかれましては、お元気にお過ごしのことと存じます。    この度、画廊茶屋梵天は5月31日をもちまして閉店致しました。 25年の長きに渡り、たくさんの方々にご愛顧いただきましたことを、心より感謝申し上げます。   1800年の歴史ある長府のすばらしい空間の中で食文化・芸術文化を発進出来ましたことは、梵天を愛して下さった多くの皆様のご支援の賜物だと存じております。ここに改めてお礼申し上げます。本当に有難うございました。   尚、本体の㈱ノマ企画は、今まで同様、芸術文化・古典芸能(万作・萬斎の会)の仕事を続けて参りますので、何
  昨夏は二十周年を迎えた夏の会でしたが、熊本の大地震で熊本の本公演が中止となり、 急きょ水前寺公園内の能楽殿での支援狂言となりました。 地震災害で打ちひしがれた方々の心を狂言で少しでも力づけることが出来ましたことは、 何よりの喜びでございました。 狂言の持つ力、魅力を再確認した次第です。 今年は福岡・熊本・大分と間をおいての狂言の会になりました。 三か所の演目もそれぞれの場所に応じて構成し、充実した内容での公演です。 特に熊本では、熊本在住の作家・石牟礼道子作「なごりが原」を新作狂言として初演致します。 再生への願いと祈りをこめた作品がどのように表現されるか、どうぞご期待ください。
ティンブリズム ~TIMBRHYTHM~ 九十九伸一 作品展                                  
TIMBRHYTHM ティンブリズム 九十九伸一 作品展 「オルタ サン・ジュリオの鐘の音」F10 ★展示風景はこちらからご覧いただけます★   新緑の美しい季節となりました。 皆様にはお元気にお過ごしのことと存じます。 この度 5月の九十九伸一展を最後に「画廊 茶屋 梵天」を閉店することになりましたことをここにご報告申し上げます。 25年の長きに渡り、多くの方々のご支援のもと、歴史ある土塀の町 長府の素晴らしい空間の中から食文化・芸術文化を発信できましたことを 心より感謝申し上げる次第でございます。 作家はもちろんのこと、沢山の方々との出会いと語らいは 生涯忘れ得ぬものとなり、豊か
                            お問合せ・ご希望の方はこちらまで 083-246-6266 (ノマ企画)
桜咲く季節になりました。  画廊梵天では、人形作家・三浦久枝の作品展を 4月15日(土)~5月7日(日)まで開催致します。  木芯桐塑像は、本来日本の伝統工芸の一つですが、 三浦久枝はその伝統技法の枠を超え、独自のフォルムを確立し、 三浦久枝の世界を表現しています。  今回は20点の作品を展示致します。 是非ともご覧いただきたいと思います。   ●開催日時● 4月15日(土)~5月7日(日)  AM10:30~PM6:00  (毎週金曜定休日)  5月5日(金・祝)は営業致します   ●展示風景はこちらからご覧い
                      お問合せ・ご希望の方はこちらまで 083-246-6266 (ノマ企画)
この度、画廊梵天にて、前ノマ企画代表の野間涼ミ没後15年を追悼して「熊谷榧 油絵展」を3月11日(土)~4月13日(木)まで開催することになりました。 今回は、2年前に国東半島を旅した時にスケッチした作品を油絵におこしたもの6点、パリ展に行ったときのパリの風景画7点。他に八ヶ岳あたりの風景画9点、また、作品の中には野間涼ミへの追悼の為に描いた友人の碑(功山寺)やその前で小鼓をうつ久田舜一郎氏(大倉流小鼓方)を描いた作品も展示いたします。  ■ こちらより、展示風景をご覧いただけます ■    略歴 1929年、孤高の画家といわれた熊谷守一の次女として生まれる。
                          是非お越しくださいませ。 お問合せ:083―246―6266(ノマ企画)
1月7日・8日に行われました 30周年特別記念公演 ふくおか「万作の会」も おかげ様で無事に終わりました。  会場では30年間のポスターを飾らせていただきました。 次回の狂言の会の予定は下記の通りです。 ●ふくおか「萬斎の会」  平成29年7月29日(土)午後2時~ 平成29年7月30日(日)午後2時~  ●熊本「萬斎の会」 平成29年9月9日(土)午後2時~ ●大分「萬斎の会」 平成29年11月4日(土)午後2時~ ●ふくおか「万作の会」 平成30年1月5日(金)・6日(土)   是非お越し下さいませ。 看板:陶芸家・山本源太作
  • 茶屋
  • 画廊
  • 古典芸能

月別アーカイブ