1. トップページ
  2. 会社概要

会社概要

社名 株式会社ノマ企画
本社 〒752-0972 山口県下関市長府古江小路2-26
TEL 083-246-6266 / FAX 083-246-6288
設立 昭和46年4月
代表者 代表取締役 竹内馨深

略歴

昭和48年(1973年) 有限会社ノマ企画を設立。
古典芸能・音楽・絵画、また出版等の構成・編集の企画プロデュースの仕事を行う。
平成6年(1994年) 歴史の町・長府に、有限会社ノマ企画の事務所建設・移転。企画画廊と茶房を併設。
1800年の歴史の町をバックに、食文化、芸術文化のささやかな発信を繰り広げ、現在に至る。
平成15年(2003年)3月 野間涼ミ逝去の為、「万作・萬斎の会」、ノマ企画の代表が竹内馨深となる。
平成19年(2007年)10月 株式会社ノマ企画に改める。

事業内容

主な企画

現代洋画壇の著名な作品展を、画廊・美術館等にて企画、主催。

香月泰男、熊谷守一、レイシイ・パン、棟方志功、武者小路実篤、マリノ・マリーニ、イタリアの彫刻家チェッコ・ボナノッテ、九十九伸一、坂野昭文、中島通善、熊谷榧、サラ・ブレイヤー、川岸富士夫、安和潤など

また、世界の美術館のレプリカ展、ガラス展、陶芸作家等の企画展を行う。

古典芸能

昭和63年、日本を代表する狂言師・野村万作の最後の「釣孤」を企画・プロデュース。その後23年に渡り、狂言の会・ふくおか「万作の会」を主催。その間、能楽最高の演目「翁・三番曳」をNHKの衛生放送で能楽堂から初の生中継や収録、NHKスペシャル野村万作「最後の釣狐にいどむ」を企画・放映する。

平成8年、野村萬斎の襲名披露公演を手がける。同年、ふくおか「萬斎の会」、熊本「万作・萬斎の会」、大分「万作・萬斎の会」を主催。その後、毎年公演を行い、地方においての古典芸能の普及につとめる。

平成10年小倉そごう5周年記念公演を手がける。平成15年朝日新聞西部本社社屋こけら落としにて萬斎の「三番曳」を企画・プロデュース。そのほか野村万作、初めての写真集「ござる 野村万作の芸」を企画。講談社にて出版・プロデュースする。

ソフト

1994年福岡県行橋市福祉センターのオープンに際して、シンボルマーク「アンク(命のしるし)」を提示。デザイン採用される。